アメリカ連邦議会

国会図書館職員による、簡潔で明晰な議会入門書。 原武史さんの名前が「あとがき」に登場する。私が知っている限り2度目。専門の学者としてではなく登場するのは。

戦後日本のイデオロギー対立

これこそ私が読みたかった本である。 歴史と思想と理論化 実証的に政治を分析する。いかなる思想が行動に反映していたのか考察する。

歴史から理論を創造する方法

筑波大学出身の東京大学准教授 少し難しいけど、事例が興味深い。 講義のテキストだと思う。話を聞きながらだと理解が深まるだろう。

離婚の本

今まで借りてきた本のなかでは、一番分かりやすくて、丁寧に項目が整理されている。 元妻にも薦める。

日本の防衛と国内政治

実証的な関心から客観的に分析する。 70年代のことだが、分析枠組みは、今でもそれほど変わらないのでは。 同じような現象が繰り返されている印象がある。

現代における不幸の諸類型

60年代を体感させる。 28才、見田宗介の明晰な文章。

村田晃嗣さん

簡潔で分かりやすい。 ゼミの発表に最適。

基礎からわかる論文の書き方

アカデミック・ライティング 難しいけれど興味深い。 科学哲学と社会学に関心が高まる。

離婚日記

区役所で離婚届と養育費と面接交流についての資料をもらう。 妻と公園で会う。 普通に会話する。 吹っ切れたみたいで、特に以前と変わりなし。 引っ越しはするけど、実家の片付けが終わってからなので、何ヵ月もかかる感じ。 離婚についても、Wi-Fi環境にな…

大嶽秀夫さん

個性的、多彩 著作そのものの多様な価値観と興味関心を持つ人間性。

防大女子

壮絶 以前見たドラマそのものの世界

維新ぎらい

図書館にあった。予約する。

父子家庭を生きる

あとがきを少し読んだだけでも名著の予感がする。

統一教会

「歴史と現状」理解が深まる。

不安な兵士たち

参与観察する自衛隊。

軍事組織とジェンダー

重くて読みごたえあり。 脚注が凄まじい。

搾取される若者たち

上野千鶴子参考文献

上野千鶴子さん

私も大学院で学びたい。

障害

勉強すべし。

論文の教室

こちらの方が良書。 戸田山和久さんをこれから読み続けるかも。

目的なき人生を生きる

とりあえず読んだ。 途中から少し理解できるようになる。

山内志朗さん

哲学者の論文作法。 生きる指針になる。 論文作成は人生に似たり。

学術論文の作法

早稲田大学法学部の教科書。

歴史書

苅部直さんが「歴史書」と書評しているとのツイートを見て、読むことにする。 教科書みたいでつまらないかと思ってしまった。 世界観にもとづく社会認識が存在している。

原敬と浜口雄幸

名著。 理念と展望から政治家を考察する。

蒋介石

4冊目の蒋介石。 理解が深まる。 蒋介石の探求心と自己省察に感服する。

蒋介石の書簡外交

学術書ではないが、実証に裏づけられた興味深いドキュメンタリーである。

蒋介石

私が読んでいるのはオンデマンドに非ず。 共産党史観なるものが存在していたと、初めて知る。蒋介石を否定的に考える習慣が植え付けられていたのかも。 蒋介石の外交が作り上げた、大国中国の礎。

広田弘毅

資料の多寡で評価が決まってしまう落とし穴を避ける。 明晰で説得力のある評伝である。

日清戦争

30代で3冊目の著書。 すべて読んでいる。 明治学院大学講師。 一般書としても、学術書としても興味を満たしうる充実した内容。 分かりやすくて、深みがある。