よみがえる古代思想

佐々木毅先生の丁寧な講義録。 わかりやすい。

三谷歴史学

明解な三谷歴史学にふれられる幸福を感じる。

幕末外交と開国

明晰な論理に夢中になる。 幕末外交に魅了される。

宮下 モンテーニュ

随想だが、理解が深まる。 モンテーニュの書物論の秀逸さを学ぶ。

モンテーニュ

読みやすいのに知的。 モンテーニュ興味深さに夢中になる。。

ギリシア

初めて知る驚きアテナイ、ペノポレソス戦争、スパルタ、マケドニア、ローマ

政治思想史

政治思想史、難しいけど、人類の思考を体感できる、ワクワクさせる書物である。

菅原琢さん『世論の曲解』

読むのは2度目だが、ほとんど忘れている。表が見えづらくて、やや読み進めるのに困難を感じるが、内容が明晰で、目から鱗のパウロ状態です。

大石あきこ 維新ぎらい

一貫して左翼である政治姿勢が素晴らしい。 必ず根拠を挙げて立論している。 信じる力の永続性がもたらす可能性を政治で実行する活動家。

データ分析読解の技術

大学の講義録だけれども、それほど容易くない。 でも、読み終わると、理解が深まっていることに気付く。

女子サッカー選手のエスノグラフィー

ヴァカン『ボディ&ソウル』ボクシング世界の対象化スポーツ空間の固有の論理「生活の規則性、規律に従う感覚、身体的精神的な禁欲」61「規律を保つ精神、集団への忠誠、自分を慕う敬うように他者を敬うこと、自律した意思」19-20 苦難さえも喜んで・・・苦難…

ただ波に乗る

「私たちは生きること、そしてよりよく生きることを可能にするために語る」エクストリームは「ラディカルで、非日常的、普通ではない性質」を表す言葉である大きなリスクを含んだ状況でのパフォーマンス

女子サッカー選手のエスノグラフィー

社会にとって不可欠な書籍。

人権と国家

サントリー学芸賞 中山俊宏先生も褒めていた。 確かにいいけど、サントリー学芸賞ってこんな感じだったか。 実証と論理で、既成概念を打破する感じだったけど。

希望難民ご一行様

明晰。 レジュメにイラストを入れる人の思考。

冷戦

個人を主人公とする物語としての冷戦史。

情報生産者

確かに極意なり。 社会学が実践的で興味深くなる。

共産党除籍。

プレイバック1980年代

懐かしき同時代史。

フォレスタル

銀幕の大統領

現代大統領制と映画 文章が美しい。 実証的で論理的。納得しながら読み進めることができて 嬉しい。引き込まれる。

行政管理予算局

デイビッド・ストックマン 34歳で、下院議員から抜擢。 思想を実践するために行動する人。

サラ金の歴史

すぐれた論文の書き方のお手本のような、読者を引き込んで話さない魅力に溢れている。 生活感のある同時代史として、さまざまな利害関係者が登場する政策過程論としても、示唆に富む。

すべての季節のシェイクスピア

文章が明晰。 観劇したくなる。

奈倉有里さん

まるで、文学。 懸命に生きる姿が印象的。

アメリカ連邦議会

国会図書館職員による、簡潔で明晰な議会入門書。 原武史さんの名前が「あとがき」に登場する。私が知っている限り2度目。専門の学者としてではなく登場するのは。

戦後日本のイデオロギー対立

これこそ私が読みたかった本である。 歴史と思想と理論化 実証的に政治を分析する。いかなる思想が行動に反映していたのか考察する。

歴史から理論を創造する方法

筑波大学出身の東京大学准教授 少し難しいけど、事例が興味深い。 講義のテキストだと思う。話を聞きながらだと理解が深まるだろう。

離婚の本

今まで借りてきた本のなかでは、一番分かりやすくて、丁寧に項目が整理されている。 元妻にも薦める。

日本の防衛と国内政治

実証的な関心から客観的に分析する。 70年代のことだが、分析枠組みは、今でもそれほど変わらないのでは。 同じような現象が繰り返されている印象がある。